光老化

光老化としみ

 

 

紫外線を浴び続けることによっておこる、
しみを「光老化」と言います。

 

 

紫外線には波長により3種類に分けることができますが、特にその紫外線の中でも、A波(UV-A)という種類の紫外線が肌の老化を進めます。

 

紫外線のA波(UV-A)はB波(UV-B)よりも波長が長いため、真皮の深いところまで届き、コラーゲンやエラスチンを変質させ肌の弾力を奪っていきます。

 

また、紫外線を浴び続けると、メラノサイトの数が増える⇒メラノサイトの活動が活発になる(チロシナーゼ酵素が増える)⇒表皮全体が厚くなる。

 

といった悪循環に陥ります。

 

紫外線の本当の怖さは、すぐに赤くなったり黒くなったりするのではなく、徐々に蓄積されて起きてくる肌の変化、すなわち「光老化」にあるのです。

 

しみ(シミ)になるのは、メラミン色素が増えるとばかり考えがちですが、メラミン色素が増えるのはそのもととなるメラノサイトの増加があってこそです。

 

ですから、メラノサイトを増加させないためにも紫外線対策をし、紫外線を浴びないように予防することはとても大切な事なのです。
紫外線は肌に悪影響を及ぼしますが、実は、人間の身体にはこれに対抗する機能が備わっています。それが、「メラニン色素」です。

 

日光を浴びた後、肌が黒くなる症状を「サンタン」と呼びますが、これは体内のメラニン色素が原因。紫外線を浴びることで増えたメラニンが肌を守る黒いフィルターのような役割を果たしてくれているのです。そして、増えたメラニンは、肌のターンオーバーによって角質細胞と一緒にはがれ落ち、次第に肌の色も元に戻ります。
しかし、長い期間、多量の紫外線を浴び続けると、肌細胞に傷がついて、メラニン色素を作り続けたり、メラニンの排泄が上手くいかなくなって、肌にいつまでも黒いままの部分ができてしまいます。これが「シミ」の原因の1つです。

 

 

できてしまったしみにはハイドロキノンが一番です
ハイドロキノンとシムホワイト配合クリームでシミや美白を改善

 

美白ケア(trial)

 

 

 

シミに効く化粧品シミくすみ対策化粧品市販人気おすすめランキング最新版はここから