しみの種類

しみについて記事一覧

老人性色素斑を美白コスメで改善するハイドロキノンとシムホワイト配合クリームでシミや美白を改善老人性色素斑は紫外線を浴びてメラニンの生成が過剰になり色素が真皮に残ることで起こりますほとんどのシミはこれにあたります、頬に出来ることが多いですシミは長い間にメラニンが蓄積されてできます。だからシミは40代以降に出来る人が多いんです老人性色素斑はシミの予防としてUVケアをしましょうそして美白化粧品を使うこと...

炎症性色素沈着はビタミンC美容液で改善するあんなに気になっていたシミが嘘みたい!感激!10年前の肌との再会!ビタミンC美容液でシミや美白を改善洗顔やタオルでこする刺激がしみの原因になります毎日のお手入れは優しくソフトタッチで肌に炎症を起こさせないようにしましょうまちがったスキンケアは色素沈着の原因に炎症性色素沈着ははニキビ跡や傷跡がしみになって残ったものです化粧品や洗剤、植物、金属などにかぶれて炎...

光老化としみ紫外線を浴び続けることによっておこる、しみを「光老化」と言います。紫外線には波長により3種類に分けることができますが、特にその紫外線の中でも、A波(UV-A)という種類の紫外線が肌の老化を進めます。紫外線のA波(UV-A)はB波(UV-B)よりも波長が長いため、真皮の深いところまで届き、コラーゲンやエラスチンを変質させ肌の弾力を奪っていきます。また、紫外線を浴び続けると、メラノサイトの...

しみそばかす薬の成分が入っている化粧品しみの薬は、服用するものと塗るものがあります。しみを効果的に無くすにはやはりハイドロキノンが一番ですここではいろいろなしみによい薬の成分を紹介しますしみの化粧品の薬としても使用されている成分ハイドロキノンハイドロキノンはメラニンの生成の素であるチロシナーゼに作用してメラニンの生成を抑えてくれますシミができてしまったらハイドロキノンで治す、そう覚えておくとよいで...

そばかすが小さい頃から多く、それも気になっていたのですが、しっかりと日焼け止めを塗っていたにもかかかわらずシミも多くなりました。顔の左右に放射型に出ているのですが、一部は大きくてとても濃いのです。皮膚科に行ったのですが、飲み薬を飲んでも治る事がありませんでした。美容外科などに通うお金は無いのですが、少しでもこのシミが薄くなれば良いとは思いました。ホームケアの美白化粧品なども、機能性の高い物が販売さ...

久しぶりに会った妹からも、今までよりかなりシミが濃くなったのではないかと言われました。自分でも気にしている事でしたので、そう言われてしまうとシミを無くしたいという気持ちが、ますます高まってしまいました。シミのある部分は、他の肌と違い固い感じがします。化粧も厚塗りにしているのですが、シミは隠せず紫色に浮いたようになっていました。見る度に消せれば、と思っていたのですが、そんな画期的な方法を思いつかずに...